シンプルなお香と季節

お知らせ

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。
ひふみお香アカデミー認定校
『十八の絲(トハのいと)』
平井 由紀子です。

先日から雪景色の旭川です。
緑や花の彩りが鮮やかな
温かい季節に比べ、
冬は大変だと思うことの方が
多いですが、
一番好きな季節です。

何度見ても、
真っ白で静寂な白銀の世界に
心が洗われる気がします。

雪に光が当たると
何色にもキラキラと輝く。
冷え込んだ時は
空気が凍り光の世界。

そして、
太陽の日差しの暖かさ
ストーブの炎の力強さ
自然に生きる動植物のたくましさ
人の温もり…
シンプルだけど豊か。

お香は数種類の香原料を調合し、
香りを楽しみます。
平安時代でも
そのように使われていました。
まるで、
彩り豊かな季節のようです。

ですが、
戦国時代の武士は
「沈香」一種類のみを焚き、
香りを聞いていました。
それがまるで、
厳しさも伴う
雪一色の冬のように感じました。
死と隣り合わせの武士は
沈香の香りから
何を感じていたのでしょう。

沈香一種類、白一色の冬、
シンプルな世界ですが、
だからこそ感じられる事も
たくさんあるような気がします。

この冬は、
沈香だけを焚く時間も
楽しみたいと思います。
お香の楽しみ方は無限です。

ただいま、
『手作り浄化お香体験会』募集中です。
今回は手作りお香で最もオーダーが多かった
『浄化』のお香を作ります。
数種類の香原料を使うので
浄化だけでなく、
それぞれの得意分野と相乗効果で
パワフルお香が作れます。
12月2日(木)締め切りです。
詳細、お申し込みはこちら⬇︎
https://peraichi.com/landing_pages/view/toha-ito-1
お見逃しなく!

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み