まるで神官

お香

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。
ひふみお香アカデミー認定校
『十八の絲(トハのいと)』
平井 由紀子です。

先日はお香講座でした。
今回は、2種類のお香を作りました。
まずは『キフィ』
別名「神々を迎える香水」。
古代エジプトの神殿で
魔除け、安眠などの目的で薫かれ、
歴代のファラオ、高僧も使用し、
神官のみが作ることのできる
神聖な調合香料です。

オンライン画面の向こうで
熱心に調合している
Cさんの姿を見ていると
だんだん神官のように見え、
神聖な雰囲気を感じました。

キフィは約2週間の熟成期間が必要です。
その間も香りの変化を楽しみ、
完成時にはまろやかになった香りを
楽しむ事ができます。

キフィを楽しむ方法の一つとして
新しい道具も使います。
キフィだけでなく、
さまざまな香りを楽しむ事ができるので
ぜひ活用していただきたいと思います。

そして、もう一つ作ったのは
『抗菌ハーブお香』
自分のエネルギーを込めて
一つ一つ作ります。
目安となる大きさや
作り方のポイントはお伝えしますが、
あとはご自分の感性にお任せです。
個性派揃いのお香ができました。

これはドングリです。

講座中、Cさんからは
さまざまな質問が出てきます。
些細な事でも遠慮なく
聞いていただけるのが嬉しくて、
学びになり、
Cさんの感性にも感動します。

Cさんの講座は約1ヶ月ぶりでしたが、
その間、自分と向き合う時間を持ち、
「やってみたい」と思った事に
素直に取り組まれていたようです。
自分へ”許可”ができるようになり、
”自分にもできるんだ”
できた事が”嬉しい”と仰っていました。
そんなお話も聞けて嬉しかったです。

これから、さらに
自分らしく輝いていくのがわかります。
お香もきっとそれを
手助けしてくれます。
Cさん、ありがとうございました。

次回作るお香もまた
今までと一味違って楽しいですよ。
お楽しみに!

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み