知らず知らずのうちに

お香

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。
ひふみお香アカデミー認定校
『十八の絲(トハのいと)』
平井 由紀子です。

先日、薬膳の先生から『舌診』
のお話を聞く機会がありました。
舌をみると体質や内臓の状態が
わかるのだそうです。

ここ最近、
ほぼ全員に共通している
舌の症状があるそうです。

それは
呼吸が浅いため、
生命エネルギーの”気”が
不足している
状態。
この状態が続くと、
免疫力の低下につながり、
様々な病気を引き起こします。

原因は『マスク』だと
断言されていました。

マスクをしている人は、
自分の身を守る為につけている物で
こんな事になっているとは
思いもしないでしょう。

『優秀な他力に頼るより、
 自力を上げる』

伝えてくださった方も
いらっしゃいました。

溢れる情報に振り回されず、
自分を整えることが必要だと
感じる今日この頃です。

呼吸はすぐに浅くなりがちです。
・ストレスを感じた時。
・緊張している時。
・不安な時。
・何かに集中している時。
・体を酷使している時。
などなど・・・
眠っている時にも
呼吸が浅くなってしまうようです。

でも、大丈夫です!
心臓や内臓の動きは自分の意思で
動かすことはできませんが、
唯一、
呼吸だけは意識すれば自分で
コントロール
する事ができます。

そして、ここでも
お香をお勧めします。

お香には深い呼吸を手助けしてくれる
香原料がいくつかあります。

呼吸が浅い私も、
お香を使いながら
深い呼吸を心がけています。

さらに、
香りは脳にダイレクトに届くので
緊張をほぐしたり
ストレスを緩和したり、
免疫力アップに繋がります。

生薬として使われていたり、
中にはインフルエンザ治療薬
タミフルの原料になっている
ものもあります。

知れば知るほどすごいです!

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み