10個のよい事

お香

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。

『十ハの絲(トハのいと)』
平井由紀子です。

私がお香を学び始めて、
講座で一番最初に習ったこと。

それは、『香十徳』と言われる、
お香の10個の良いことでした。

これは、中国の”黄庭堅”という詩人が
書いた漢詩で、
あの”一休さん”によって広められました

これが衝撃で、
香十徳”と”香原料の様々な効用”で、
「もうお香があれば大丈夫!
と思いました。

まるで万能薬

こちらが『香十徳』
一つずつ、四字の漢字で
うまくまとめられているのがすごいです。


簡単にすると、
 1、感覚が研ぎ澄まされる
 2、心身を浄化する
 3、汚れけがれを取り除く
 4、よく眠れる
  (眠気を覚ますという解釈もある)
 5、孤独感を癒す
 6、忙しい時も心を和ませる
 7、多くても邪魔にならない
 8、少なくても十分に足りる
 9、年月を経ても朽ちない
10、常用しても無害

お香は、本来の自分で生きる事
近道になると感じます。

お香を使ってみたくなりませんか?

まずは、こちらをお勧めします。
   ⬇︎⬇︎⬇︎

お読み頂きありがとうございました。

ひふみお香アカデミー代表
椎名まさえ先生のHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ

今のあなたにぴったりのお香をお作りします。
  ⬇︎
お申し込み