龍の脳

お知らせ

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。
『十八の絲(トハのいと)』
平井 由紀子です。

今回は、お香作りで使う香原料
『龍脳(りゅうのう)』のお話です。

初めて使った時は、
インパクトのある名前と
強烈な香りに驚きました。

数ある香原料の中でも
ひときわ目立つ真っ白な色。

刻んだものはまるでクリスタルのよう。

龍脳の元となる木は
高さ 50~ 60m、
直径が 1~2m にもなる大木です。
大きすぎて想像がつきません。

主に東南アジアなどに分布しており、
日本には存在しません。

6、7世紀頃、
中国では漢方薬として
使用されていました。
産出量が少なく、貴重で高貴。
「龍の脳」と呼ばれ、
上層階級の間で重宝されていました。

8 世紀には玄宗皇帝が最高品質の龍脳を
楊貴妃に贈った
と言われています。

龍脳は、防虫効果が高く、
漢方では「きつけ薬」にも使われ、
高級墨の香り付けにも使われています。

”龍角散”の原料にもなっていて、
六神丸、救心、仁丹などに
配合されています。
なんとなく、香りがイメージできますか?

私は、浄化、頭痛、鼻づまり、
スッキリしたい時や、
夏の暑い時には
清涼感を求めて使用しています。

香りを広げる効果もあるので、
お香作りには欠かせない
原料です。

今回の手作りお線香体験会には
最高品質の『極上龍脳』を使っています。
他の香原料と混ざり合い、
香りが広がり、格別の残り香。
この香りをぜひ体験してみてください。

9月9日9時から(9の3並びです。)
『手作りお線香体験会』募集開始します。
999には、
「新たな扉が開かれようとしている」
という意味があります。

さぁ、マスクを外し、
お香の香りと共に思い切り深呼吸。
新たな感覚、
新たな自分に出会いましょう。

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み