新しいお盆の形

お香の習慣

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。

『十八の絲(トハのいと)』
平井由紀子です。

早いもので、
30日間の長い夏休みも
終わろうとしています。

あんなに暑かった日々が嘘のように、
過ごしやすくなりました。

今年のお盆は、
初めて自分で作ったお線香『刀線香』
ご先祖様を供養しました。

ほおずきも一緒にお供えしました。

「ほおずき」は炎に似ているため、
お盆に帰ってくるご先祖様の道標
として飾られます。

また、ほおずきは中が空洞なので
お盆の間、
魂の仮のおともされています。

自分でお線香を
お供えするようになるまでは
このような事を
知る機会もありませんでした。

納骨堂でも『刀線香』をお供えしました。
田舎町の小さな納骨堂に、
刀線香の高貴な香りが広がっていました。

今年は、
より一層感謝の気持ちで
ご先祖様をお迎えできた
特別なお盆になりました。

自分でお線香を作る事の
素晴らしさを実感しています。

こんな供養の仕方がふえると
素敵だなぁと思います。

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み