戦いのお供

お知らせ

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。
『十八の絲(トハのいと)』
平井 由紀子です。

お香は古来から使用されていますが、
時代によって使われ方が様々です。

平安時代の貴族たちは自ら香りを調合し、
香りを身に纏い、香りを鑑賞したり、
競い合ったりしていました。

その後、武士が主導権を握るようになった
鎌倉時代から室町時代。
時間と手間をかけて
香原料を調合する貴族文化と違い、
「沈香」だけを薫き、
香木そのものと向き合い、
一木の香りを極めようとする精神性が
尊ばれるようになります。

武士は戦の前、髪や甲冑に
香をたいていたと言われています。
沈香には集中力を高めたり、
鎮静効果もあるので、
戦前の緊張をほぐし、集中力を高めたり、
痛みの緩和作用もあるので
重宝されたに違いありません。

古来から、様々な形で取り入れられ、
絶えることなく
現在まで引き継がれてきたお香。

人知の及ばない力が宿っている香原料
五感を使い、お香を作り、香りを感じる。
その香りが、脳の本能や直感、
潜在意識を司る場所にダイレクトに届く


新しい何かに出会えそうで
ワクワクしませんか?

簡単手作りお線香体験会
9名様限定募集です。
次回の開催は未定です。
この機会、お見逃しなく!

詳細、お申し込みはこちらです⬇︎
https://peraichi.com/landing_pages/view/toha-ito-1

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み