チューリップはカッコいい

お花

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。

『十ハの絲(トハのいと)』
平井由紀子です。

数日前からカッコウが鳴き始めました。

私は花がとっても好きです。
名前は覚えられず(覚える気がない)、
うまく育てられる訳でもないです。

そこら辺の草花でもなんでも、
ただ花を見ているのが好きです。

先日、もう終わりそうなチューリップを
見てきました。
こんな風に草むらにひっそりと
咲いているのが好き。

今は色んな種類のチューリップがあって、
見飽きる事がない。

短い間だけど、
鮮やかな色で可愛らしくて、
とっても大好きな花。

でも、ずっと残念に思っていたのが、
チューリップの終わり方。

チューリップには大変失礼な話だけど、
以前は、ガバッと花びらが開いて
散っていく姿が
私にはだらしなく見えて
残念に思っていたのです。

今は、チューリップの散っていく姿に、
やり切った達成感と開放感が感じられて、
ありのままのその姿が潔くて
かっこいい
なぁと思うようになりました。

自分の中にどんな思いがあったのか
どう変わったのか、
自分の思いに向き合ってみる。

私もチューリップのように、
思い切り花を咲かせて
周りを気にせず、ありのままの姿丸出しで
潔く散っていきたいなぁ
と思うのでした。

残念だと思っていたけど、
だからといってチューリップが
嫌にはならなかった。
チューリップがとっても魅力的
そして、
見ているだけでいつも幸せになれるから。

さらにチューリップが好きになりました。

いつかチューリップ畑を作って、
のんびり眺めながら過ごすのが1つの夢。

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミー代表
椎名まさえ先生のHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ

今のあなたにぴったりのお香をお作りします。
  ⬇︎
お申し込み