お線香の匂いが苦手だった

お線香

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。

『十ハの絲(トハのいと)』
平井由紀子です。

実家では子供の頃から仏壇で毎日お線香が焚かれていました。
(私はよくお供えのお菓子を
 つまみ食いしていました。)

仏壇があった部屋は独特の
お線香の匂いがして、
部屋の物にも染み付いていて、
その匂いが好きではありませんでした。

お線香はそういう匂いなんだ
ずっと思っていました。

今は、コンビニや100円ショップでも
お手軽に安くお線香を買う事ができます。

お香を学ぼうと思った理由
いくつかありますが、
なかでも大きな理由の一つが、
手作りで天然素材100%である
という事でした。

お線香の煙は有害とも言われていますが、
それは、煙を少なくしたり、
色や香りをつけたり、
折れにくくしたり、
様々な合成物質が使われている為です。

手作りのお線香は、全て手作業で、
天然素材の香原料のみを調合し、
練り合わせ、棒状にし、
赤ちゃんのおむつを取り替えるように、
毎日数回湿ったティッシュを取り替え、
約1週間後にやっと完成します。
これだけ手をかけると
可愛い我が子の様に愛着がわきます。

市販のお線香と違って
長さが揃っていなかったり、
少し曲がっていたりしますが、
それも手作りの醍醐味だと思っています。

完成までに時間はかかりますが、
手間暇かけ、
自分の思いを込めて作ったお線香は
市販のお線香では味わえない
良さがたくさんあります。

そして、何よりも
香りが全く違います
本物の香りをたくさんの方に
体験していただきたい!

香原料の元となる植物たち

今の家に仏壇はありませんが、
ご先祖様を思いながらお線香を焚き、
お供えのお菓子をつまみ食いした分、
質の良いお線香
しっかり供養していきたいと思います。

そして、仏事だけでなく、
空間の浄化、自分の為、家族の為、
消臭、お風呂のカビ予防などなど、
意外な場面でも大活躍。

今では、欠かせない存在となっています。

安心材料でお香を作り、
生活の中で活用する。
私にとって新しい習慣になりました。

お線香については、
まだまだお伝えしたい事がありますので、
またの機会に。

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミー代表
椎名まさえ先生のHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ

今のあなたにぴったりのお香をお作りします。
  ⬇︎
お申し込み