〇〇の秋。

お香

「自分に優しくなれるお香作り」を、
北海道からお届けします。

『十八の絲(トハのいと)』
平井由紀子です。

昨夜、雨が降っていたので
雨音を聞きたくて窓を開けました。
雨音と秋の虫の声が心地良い。

しかし、しばらくすると…
『ぷ〜〜〜ん』とあの音が。

朝晩涼しくなったので、
もういないだろうと油断していました。

でも、大丈夫。
虫除け香の登場です。

今年はもう出番がないだろうと
思っていましたが、
今回も活躍。
今年はこれで最後かな。
残りの虫除け香は
また来年のために保管しておきます。

ところで、香の保管ですが、
直射日光と高温多湿を避ければ
特に使用期限はありません。

香りがどんどん熟成し、
味わい深くなります。

木箱、紙製の箱、缶、ガラス瓶
などへの保管が好ましいです。

今、手元にあるお線香が
どんな香りに変化するのか楽しみです。

1年経てば、お線香も熟成し、
きっと私も熟成しているはず。
今はこんな感じかもしれませんが⬇︎

お香も、
自分の変化も楽しみです。

お香の変化と共に自分の変化を感じるのも
お香作りの醍醐味かもしれません。

そこで、9月下旬、
「お線香作り体験会」を開催
します。
詳細は後ほどお知らせいたします。

「食欲の秋」「読書の秋」
「スポーツの秋」など色々ありますが、
今年は『お香の秋』お勧めです

お読みいただきありがとうございました。

ひふみお香アカデミーHP

お香との出会い(自己紹介)

お問い合わせ、お申し込み